本文へスキップ

迷子札の売上金の一部を動物保護活動へ寄付させていただいています。犬と猫の迷子札Picom(ピコム)

チャームのお手入れ方法how to care

シルバー925製チャームのお手入れ


シルバー925製のチャームや丸カンは、放置しておくと表面が硫化しくすんだ感じになります。
そのまま長期間置いておくと真っ黒になってしまいます。しかし、簡単なお手入れをしてあげると、
シルバー本来の美しい輝きを取り戻すことができますのでご安心ください。

一番簡単なお手入れ方法は、シルバーポリッシュクロスというシルバー専用の磨き布で磨いていただくことになります。この布の中には超微粒子研磨剤が入っていますので、表面のくもり程度でしたらこの布で磨いていただけるときれいになります。シルバー925製のチャームをお買い上げの際には、この磨き布を同封させていただいておりますのでどうぞお試しください。
もし硫化が進み真っ黒になってしまった場合は、革ひもを取り外しチャームと丸カンのみをシルバー専用
洗浄液に浸けてください。(アクリル製チャーム本体は洗浄液に浸けないようご注意ください。)
その後はよく水洗いをし上記の磨き布で磨いてお手入れしてください。  
シルバーポリッシュクロスと洗浄液はホームセンターやアクセサリーショップにてお求めいただけます。

真ちゅう製チャームのお手入れ

真ちゅうは、風合いが柔らかくアンティークなイメージも持ち合わせます。
使えば使うほど独特の味わいがでて飴色になっていきます。
ヨーロッパでは古くから、真ちゅうは幸福をもたらす金属として好まれ、生活のさまざまな場面で使われてきました。特に海水に対する耐腐食性が強いため、古くから建築金物、船舶金物、家具金物など、様々な分野で使用されてきました。使い込むことにより真ちゅう本来の美しさが増してきます。

日常のお手入れは、固く絞った布で拭いて頂く事をお勧めしております。
硫化が気になるようでしたら市販の金属研磨剤(メタルポリッシュなど)や磨き布等で磨けば、
簡単に元の輝きをとり戻すことができます。真ちゅうの風合いを損ないますので、クレンザーやナイロンたわし等の目の粗い研磨剤は使用しないでください。

革ひものお手入れ

革ひもは消耗品です。
ひもの中心には強い芯が入っていますので簡単に切れることはありませんが、
わんちゃんや猫ちゃんがカミカミして破損してしまう場合も考えられます。
また、革ひもの長さ調節を繰り返しているうちに結び目が緩む場合もございます。
たまに革ひもの状態をチェックし迷子札の脱落を防いであげてください。
革ひものみ単品のご注文も承ります。

*革ひもの長さ調節の方法、革ひもの結び方などの詳細はこちらのページをご覧ください。


shop info店舗情報

犬と猫の迷子札Picom/ピコム

作業中は電話に出ることができませんので、恐れ入りますが
お問い合わせやご注文はメールかFAXにてお願いいたします。
e-mail. picom@xy.boo.jp
TEL.090-2450-9570
FAX.045-562-0882
(受付時間8:00〜22:00)


犬と猫の迷子札Picom(ピコム)


ID : @picom
友だち追加数